公正証書遺言作成のメリット

公正証書遺言作成のメリット

■遺言作成を弁護士に依頼するメリット

 遺言書を作成したいと思えば、自筆証書遺言(これは、遺言内容、日付、署名をすべて自分で書き、押印があれば成立します。)という形式で作成すれば、費用はほぼ0円で作れます。ただ、これでは、弁護士によるチェックを経ていないため中身の正確性は担保されず、財産関係や相続人関係が複雑な場合などは、死後のトラブルを防ぐという遺言書の効果を発揮することができない場合があります。作成した遺言書を一度は弁護士にチェックしてもらったほうが確実ですし、そうであれば作成段階から弁護士に依頼しておいたほうがより安心感が得られます。この安心感を得るというのが、弁護士に遺言書作成を依頼する最大のメリットであるといっても過言ではありません。
 また、遺言は何度でも書き換え可能で、最新のものが有効になります。昔に遺言を作った当時と現在では気持ちが変わっていたり、財産の内容が違ってきていることもあります。何年かに一度は遺言の内容を確認し、問題がある場合は、遺言を作り直しましょう。

■遺言書を公正証書で作成するメリット

 遺言書を公正証書で作っておくと、遺言書を公証人役場で保管しておいてもらえますので、紛失の危険がありません。もちろん、遺言書を手元にも置いておけます。

 遺言書作成時に遺言者に遺言書を作成する能力がなくなっていたなどの理由で、死後に遺言の無効が争われることがありますが、公正証書遺言の場合、公証人と証人が遺言作成に関与しますので、遺言作成時に判断能力があることが担保されており、このようなリスクが軽減されます。公正証書遺言を無効とすることはかなり難しく、余計な紛争の種を残しません。

 自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所での検認手続をしてからでないと不動産の登記ができませんが、公正証書遺言の場合は、すぐに不動産登記をすることができます。

 遺言作成は公証人への口授(口頭)で行いますので、老齢などにより、文字が書けなくなっている場合でも作成することができます。一方、自筆証書遺言では遺言者自身が自分で文字が書けないと作成できません。

 このように、公正証書遺言には多数のメリットがあり、社会全体の信頼性も高いものですので、遺言作成は公正証書で行うことを強くおすすめします。

■遺言書作成は究極の紛争予防

 内容を吟味して作成した遺言書ほど、紛争予防に効果があるものはありません。いつでも、何回でも書き換えができ、古いものを破棄すれば、一番新しいものが効力を持ちます。現金預金が多くあれば、分けるのに苦労はなく、それほど争いにはならないかもしれません。反対に不動産が多く、現預金が少ない場合は、相続人間で揉める可能性が高くなります。相続争いは熾烈なものとなることが多いですが、たったひとつの遺言書で不毛な争いを防ぐことができるのです。

「公正証書遺言作成のメリット」 のページ

法律相談は大阪のクオレ法律事務所へ

弁護士法律相談のメニュー

チェックマーク交通事故の損害賠償請求、示談交渉、訴訟提起

交通事故事件
弁護士が保険会社との示談交渉を通じて交通事故の適正な賠償金の獲得を目指します。弁護士費用は増額分を基準にします。弁護士費用補償特約も利用できます。被害者側相談は初回全額無料相談です。

チェックマーク遺言書・相続問題・遺産分割協議・遺留分減殺請求

遺言・相続事件
遺産分割や遺留分減殺請求などの相続問題の解決に弁護士が全力を尽くします。任意交渉や調停・審判申立により迅速な解決を図ります。また、公正証書での遺言書の作成を行います。

チェックマーク離婚に伴う財産分与・慰謝料・養育費・親権問題

離婚に伴う財産分与・慰謝料請求
離婚に関する様々な問題点について、弁護士が解決策をご提案致します。慰謝料、財産分与、養育費、面会交流の問題に対応します。任意交渉、調停、訴訟各段階で相談、弁護士の受任は可能です。

チェックマーク自己破産・任意整理・過払金返還請求

自己破産・個人再生・任意整理
弁護士が任意交渉、法的手段により債務を整理し、生活の再建をお手伝い致します。自己破産、個人再生、任意整理、過払金請求などの債務整理の相談は初回全額無料相談です。

チェックマーク債権の迅速な回収と法的手続き

弁護士による債権回収
弁護士が困難な債権回収作業を法的手段を用いてお手伝い致します。速やかにかつでできる限り多くの債権を回収することを目指します。個人、法人問わず、弁護士が迅速に対応します。

チェックマーク未払賃金・退職金・残業代の請求・解雇等の労働問題

解雇無効・残業代請求
弁護士が労働問題全般、労使間紛争の解決策・予防措置について適切な指針をご提示致します。解雇無効や残業代請求などの事件について保全処分、訴訟、労働審判に対応致します。

チェックマーク成年後見・保佐・補助の開始申立

成年後見・保佐申立
判断能力が低下している認知症や知的障害などの方を保護し、支援致します。弁護士による法定後見の申立の代理や任意後見契約に対応致します。

チェックマーク顧問契約による予防法務・法的紛争の処理など

弁護士顧問契約
弁護士が顧問業務を通じて、紛争の予防、日常業務の法的問題の解決を図ります。弁護士が会社内での日々の法律問題にメールや電話相談などで迅速に対応致します。

チェックマーク刑事事件の弁護活動

刑事事件の活動
突然逮捕された場合の身柄解放に向けた被疑者段階での弁護や、起訴後の保釈請求、被害者との示談交渉、公判手続などに弁護士が迅速に対応致します。

初回30分無料相談です。

通常の法律相談料は30分毎に5,400円(税込)