離婚と戸籍

離婚と戸籍

1 離婚の届出と同時に婚氏続称の届出をした場合

 婚姻により氏を改めなかった者(一般的には夫のことが多い)は、離婚後もそのまま戸籍にとどまり、戸籍の変動はありません。婚姻により氏を改めた者(一般的には妻のことが多い)は、離婚の届出と同時に婚氏続称の届出(戸77条の2)をした場合には、ただちに離婚の際に称していた氏で新戸籍が編製されることになります。新戸籍編纂と同時に元の戸籍からは抜けることになります。

2 離婚の届出と同時に婚氏続称の届出をしなかった場合

 婚姻により氏を改めた人は、婚氏続称の手続きをとらなければ、離婚をすると婚姻前の氏(旧姓)に当然に戻ることになります(これを「復氏」といいます)。離婚により氏を改めた者は、原則として、婚姻前の戸籍に入ります(戸19条1項本文)。親の戸籍であることが多いでしょう。ただし、①婚姻前の戸籍が既に除籍されているとき、又は、②復氏した者が新戸籍編成の申出をしたときには、新戸籍が編製されます(戸19条1項ただし書)。②の新戸籍編製の申出は、離婚届に婚姻前の氏に戻る者の本籍を記載する欄がありますので、そこに記載をすれば自動的に新戸籍が作成されます。

3 一旦婚姻前の戸籍に復籍した者が、事後的に婚氏続称の届出をした場合

 婚氏続称の手続は離婚の日から3か月以内であればできますので、一旦旧姓に戻したけれども、事後的に婚氏続称の手続をとる場合もありえます。①届出人が復籍後の戸籍の筆頭者でないとき、又は、②届出人が復籍後の戸籍の筆頭者であっても、その戸籍にほかの同籍者があるときには、新戸籍が編製されることになります
 要するに離婚による復籍後の戸籍に自分一人だけ記載されている場合には、新戸籍は編製されず、戸籍の筆頭者氏名欄の氏が婚氏に変更されることになります。

「離婚と戸籍」 のページ

法律相談は大阪のクオレ法律事務所へ

弁護士法律相談のメニュー

弁護士相談交通事故の損害賠償請求、示談交渉、訴訟提起

交通事故事件
弁護士が保険会社との示談交渉を通じて交通事故の適正な賠償金の獲得を目指します。弁護士費用は増額分を基準にします。弁護士費用補償特約も利用できます。被害者側相談は初回全額無料相談です。

弁護士相談遺言書・相続問題・遺産分割協議・遺留分減殺請求

遺言・相続事件
遺産分割や遺留分減殺請求などの相続問題の解決に弁護士が全力を尽くします。任意交渉や調停・審判申立により迅速な解決を図ります。また、公正証書での遺言書の作成を行います。

弁護士相談離婚に伴う財産分与・慰謝料・養育費・親権問題

離婚に伴う財産分与・慰謝料請求
離婚に関する様々な問題点について、弁護士が解決策をご提案致します。慰謝料、財産分与、養育費、面会交流の問題に対応します。任意交渉、調停、訴訟各段階で相談、弁護士の受任は可能です。

弁護士相談自己破産・任意整理・過払金返還請求

自己破産・個人再生・任意整理
弁護士が任意交渉、法的手段により債務を整理し、生活の再建をお手伝い致します。自己破産、個人再生、任意整理、過払金請求などの債務整理の相談は初回全額無料相談です。

弁護士相談債権の迅速な回収と法的手続き

弁護士による債権回収
弁護士が困難な債権回収作業を法的手段を用いてお手伝い致します。速やかにかつでできる限り多くの債権を回収することを目指します。個人、法人問わず、弁護士が迅速に対応します。

弁護士相談未払賃金・退職金・残業代の請求・解雇等の労働問題

解雇無効・残業代請求
弁護士が労働問題全般、労使間紛争の解決策・予防措置について適切な指針をご提示致します。解雇無効や残業代請求などの事件について保全処分、訴訟、労働審判に対応致します。

弁護士相談成年後見・保佐・補助の開始申立

成年後見・保佐申立
判断能力が低下している認知症や知的障害などの方を保護し、支援致します。弁護士による法定後見の申立の代理や任意後見契約に対応致します。

弁護士相談顧問契約による予防法務・法的紛争の処理など

弁護士顧問契約
弁護士が顧問業務を通じて、紛争の予防、日常業務の法的問題の解決を図ります。弁護士が会社内での日々の法律問題にメールや電話相談などで迅速に対応致します。

弁護士相談刑事事件の弁護活動

刑事事件の活動
突然逮捕された場合の身柄解放に向けた被疑者段階での弁護や、起訴後の保釈請求、被害者との示談交渉、公判手続などに弁護士が迅速に対応致します。

初回30分無料相談です。

通常の法律相談料は30分毎に5,400円(税込)