借用書の書き方

借用書の書き方

お金を誰かに貸すときは借用書を作っておかないとトラブルの元です。友人間、親族間で貸し借りすることが多いと思いますが、金額の多寡を問わず、借用書を作っておきましょう。

借用書は簡単なものであれば以下のものが記載されていれば最低限の機能はあります。すなわち裁判になっても使えます。タイトルは「借用書」でいいでしょう。なお、「借用証」「借用証書」でも意味は同じです。

  • 貸主の名前(「○○殿」)
  • 借りた金額(「○○円をお借りしました。」)
  • いつどのような形で返すか、支払期限の定め(一括か分割か)
  • 借主の署名・押印(認印でもOK。実印と印鑑証明書添付なら最良)
  • 借用証を書いた日付(借主の自筆が望ましい)

そのほかにも、必要であれば利息の支払い条項分割払いを怠った場合の期限の利益喪失条項(「分割金の支払いを1回でも怠ったときは直ちに残金を一括で支払います」、支払いを怠った場合の遅延損害金の約定を入れておくとよいでしょう。なお、一括払いの場合は、期限の利益喪失条項は不要です。

借用証サンプル(分割払いのシンプルなもの)

            借用証
鈴木一郎殿
私は、本日、貴殿から金100万円をお借りしました。
お借りしたお金は2019年5月から2020年2月まで毎月末日限り、金10万円ずつ分割してお返しします。
上記分割金の支払いを1回でも怠った場合は、残元金を一括で支払います。
2019年3月26日
住所 大阪市北区西天満○-○-○
氏名 山田太郎 印

借用証作成の心構え

・すべて手書きでも構いませんし、ワープロ打ちでも結構ですが、借主の名前は本人に自筆で書いてもらいましょう。代筆はだめです。お金を貸すときに目の前で借主に署名をしてもらいましょう。
借主の押印はあったほうがよいでしょう。実印がベストですが、実印の場合は印鑑証明書ももらっておくとなおよいです。
住所は裁判になる場合必要となりますので、借主に書いてもらいましょう。
・いつ貸したかは重要な要素ですので、貸した日付は借主に必ず書いてもらいましょう。
・お金を貸すときは現金手渡しのことも多いと思いますが、金額が大きくなるときは銀行振込にしたほうが明確な証拠が残ります。銀行振込を強くおすすめします。現金手渡しはトラブルの元になることが多いです。
・弁済もできれば銀行振込で受け取ったほうが明確でトラブルが少ないでしょう。
・弁済金を現金で受け取るときはトラブル防止のために、いつ、何円受け取ったかのかが分かる受取証を発行して、借主に交付しておきましょう。

借用証を作っていなかった場合

 借用証を作っていなかった場合でも事後的に貸した金額、日付、弁済方法について念書などの形で作っても構いませんし、債務承認弁済契約書を作成して、事後的に弁済方法を改めて合意することもできます。ただ、これらの書面作成は借主の協力が必要となりますので、借主ともめているような場合は作成できないこともあります。なお、債務承認弁済契約書は、貸主と借主との合意文書、契約書になりますので、借用証とは法的性質が異なります。
 一番よい方法は、債務承認弁済契約書を執行認諾文言をつけた公正証書で作成することです。手続費用がかかりますが、これにしておけば借主が弁済を怠ったときは直ちに強制執行することができます。100万円を超えるような貸し借りであれば、公正証書作成をおすすめ致します。

「借用書の書き方」 のページ

法律相談は大阪のクオレ法律事務所へ

弁護士法律相談のメニュー

弁護士相談交通事故の損害賠償請求、示談交渉、訴訟提起

交通事故事件
弁護士が保険会社との示談交渉を通じて交通事故の適正な賠償金の獲得を目指します。弁護士費用は増額分を基準にします。弁護士費用補償特約も利用できます。被害者側相談は初回全額無料相談です。

弁護士相談遺言書・相続問題・遺産分割協議・遺留分減殺請求

遺言・相続事件
遺産分割や遺留分減殺請求などの相続問題の解決に弁護士が全力を尽くします。任意交渉や調停・審判申立により迅速な解決を図ります。また、公正証書での遺言書の作成を行います。

弁護士相談離婚に伴う財産分与・慰謝料・養育費・親権問題

離婚に伴う財産分与・慰謝料請求
離婚に関する様々な問題点について、弁護士が解決策をご提案致します。慰謝料、財産分与、養育費、面会交流の問題に対応します。任意交渉、調停、訴訟各段階で相談、弁護士の受任は可能です。

弁護士相談自己破産・任意整理・過払金返還請求

自己破産・個人再生・任意整理
弁護士が任意交渉、法的手段により債務を整理し、生活の再建をお手伝い致します。自己破産、個人再生、任意整理、過払金請求などの債務整理の相談は初回全額無料相談です。

弁護士相談債権の迅速な回収と法的手続き

弁護士による債権回収
弁護士が困難な債権回収作業を法的手段を用いてお手伝い致します。速やかにかつでできる限り多くの債権を回収することを目指します。個人、法人問わず、弁護士が迅速に対応します。

弁護士相談未払賃金・退職金・残業代の請求・解雇等の労働問題

解雇無効・残業代請求
弁護士が労働問題全般、労使間紛争の解決策・予防措置について適切な指針をご提示致します。解雇無効や残業代請求などの事件について保全処分、訴訟、労働審判に対応致します。

弁護士相談成年後見・保佐・補助の開始申立

成年後見・保佐申立
判断能力が低下している認知症や知的障害などの方を保護し、支援致します。弁護士による法定後見の申立の代理や任意後見契約に対応致します。

弁護士相談顧問契約による予防法務・法的紛争の処理など

弁護士顧問契約
弁護士が顧問業務を通じて、紛争の予防、日常業務の法的問題の解決を図ります。弁護士が会社内での日々の法律問題にメールや電話相談などで迅速に対応致します。

弁護士相談刑事事件の弁護活動

刑事事件の活動
突然逮捕された場合の身柄解放に向けた被疑者段階での弁護や、起訴後の保釈請求、被害者との示談交渉、公判手続などに弁護士が迅速に対応致します。

初回30分無料相談です。

通常の法律相談料は30分毎に5,400円(税込)