離婚による復氏と婚氏続称と子の戸籍

離婚による復氏と婚氏続称と子の戸籍

■離婚による復氏と戸籍との関係

 離婚する場合、婚姻によって氏を改めた配偶者は、法律上当然に婚姻前の氏に戻ることになります。その際、戸籍については、原則として婚姻前の戸籍(親の戸籍)に入籍することになります。しかし、婚姻前の戸籍が除籍されている場合(例えば、父母ともに死亡している場合)は、婚姻前の戸籍に戻ることができませんので、新たに戸籍を編製するしかありません。また、元の戸籍に戻れる場合でも、復氏した者が新戸籍の編製を申し出た場合も新戸籍を編製することになります。また、子を自分の戸籍に入れたい場合は、新戸籍を作る必要があります。
 また、復氏により称する氏は、婚姻直前の氏であり、たとえば、養子縁組などで氏が変わっている場合は、養親の氏に復氏することになります。
 夫の両親と養子縁組をしていた妻が離婚し、養子縁組を解消していない場合は、養親の戸籍に入籍するか、養親の氏を称して新戸籍を編成することになります。
 なお、婚姻によって氏を改めなかった者については、離婚によって婚姻前の戸籍に復籍する規定はないので、戸籍が変動することはありません。

■婚氏続称と子の戸籍の問題

 婚姻によって氏を改めた夫又は妻は離婚によって法律上当然に婚姻前の氏に復することになりますが、離婚の日から3か月以内に、「離婚の際に称していた氏を称する届」をした場合には、離婚の際に称していた氏を使用することができます。これを婚氏続称といいます。
 婚氏続称は、届出をすることによってはじめてその効力を生じます。この届出は、離婚した配偶者の同意や承諾を要するものではありませんので、届出をするかどうかは自分の意思で決めることができます。届出は、離婚の届出と同時にすることが多いですが、離婚の日から3か月以内であれば、復氏して一旦婚姻前の戸籍に復籍した場合でも、また、復氏したが復籍せずに新戸籍を編製した場合でも届出をすることができます。
 婚氏続称した者が新戸籍を作成した場合で、離婚当時の戸籍にある子を当該新戸籍に入籍するためには、家庭裁判所で子の氏の変更許可を得てから入籍の届出をする必要があります。これは、氏の読み方は同じなのでなぜ変更が必要か不思議と思われるかもしれませんが、法律上は、呼称上の氏と同一ですが、民法上の氏が相違するためです(法律上は復氏することが原則であるため)。
 また、3か月経過後に気が変わってやっぱり婚氏を続称したいという場合には、家庭裁判所に対して氏の変更許可申立をするしかありません(3か月以内であれば届出だけで済むのですが、手続としてはかなり面倒になります)。ただし、この場合、氏変更の許可のためには、「やむを得ない事由」が必要とされるので、要件としては厳しく、安易な変更を許さないようになっています。
 逆に婚氏続称の手続をとった後に婚姻前の氏(旧姓)に戻したい場合も、家庭裁判所の許可が必要となりますが、この場合は、離婚による復氏が民法上の原則となっていることから、「やむを得ない事由」が通常の氏の変更よりも緩和されて適用される場合があります(判例あり)。
 いずれにせよ、復氏するか婚氏続称するかは今後の生活に重大な影響を与えるのと同時に、離婚日から3か月経過後に変更するのはかなり難しくなりますので、離婚時に慎重に判断する必要があります。

■離婚相談のページへ

「離婚による復氏と婚氏続称と子の戸籍」 のページ

法律相談は大阪のクオレ法律事務所へ

弁護士法律相談のメニュー

弁護士相談交通事故の損害賠償請求、示談交渉、訴訟提起

交通事故事件
弁護士が保険会社との示談交渉を通じて交通事故の適正な賠償金の獲得を目指します。弁護士費用は増額分を基準にします。弁護士費用補償特約も利用できます。被害者側相談は初回全額無料相談です。

弁護士相談遺言書・相続問題・遺産分割協議・遺留分減殺請求

遺言・相続事件
遺産分割や遺留分減殺請求などの相続問題の解決に弁護士が全力を尽くします。任意交渉や調停・審判申立により迅速な解決を図ります。また、公正証書での遺言書の作成を行います。

弁護士相談離婚に伴う財産分与・慰謝料・養育費・親権問題

離婚に伴う財産分与・慰謝料請求
離婚に関する様々な問題点について、弁護士が解決策をご提案致します。慰謝料、財産分与、養育費、面会交流の問題に対応します。任意交渉、調停、訴訟各段階で相談、弁護士の受任は可能です。

弁護士相談自己破産・任意整理・過払金返還請求

自己破産・個人再生・任意整理
弁護士が任意交渉、法的手段により債務を整理し、生活の再建をお手伝い致します。自己破産、個人再生、任意整理、過払金請求などの債務整理の相談は初回全額無料相談です。

弁護士相談債権の迅速な回収と法的手続き

弁護士による債権回収
弁護士が困難な債権回収作業を法的手段を用いてお手伝い致します。速やかにかつでできる限り多くの債権を回収することを目指します。個人、法人問わず、弁護士が迅速に対応します。

弁護士相談未払賃金・退職金・残業代の請求・解雇等の労働問題

解雇無効・残業代請求
弁護士が労働問題全般、労使間紛争の解決策・予防措置について適切な指針をご提示致します。解雇無効や残業代請求などの事件について保全処分、訴訟、労働審判に対応致します。

弁護士相談成年後見・保佐・補助の開始申立

成年後見・保佐申立
判断能力が低下している認知症や知的障害などの方を保護し、支援致します。弁護士による法定後見の申立の代理や任意後見契約に対応致します。

弁護士相談顧問契約による予防法務・法的紛争の処理など

弁護士顧問契約
弁護士が顧問業務を通じて、紛争の予防、日常業務の法的問題の解決を図ります。弁護士が会社内での日々の法律問題にメールや電話相談などで迅速に対応致します。

弁護士相談刑事事件の弁護活動

刑事事件の活動
突然逮捕された場合の身柄解放に向けた被疑者段階での弁護や、起訴後の保釈請求、被害者との示談交渉、公判手続などに弁護士が迅速に対応致します。

初回30分無料相談です。

通常の法律相談料は30分毎に5,400円(税込)