よくあるご質問

よくあるご質問 

よくあるご質問

質問電話やメールのみでの法律相談は可能でしょうか。

弁護士への見積り align=依頼する前に弁護士費用の見積もりを出して頂くことは可能でしょうか。

遅い時間の法律相談平日遅い時間の法律相談に対応頂けますか。

土日の法律相談土日の法律相談は可能ですか。

法律相談料法律相談料は、毎回かかるものなのですか。

持って行くもの法律相談のときに持って行くものはありますか。

弁護士費用は一括で用意弁護士費用は一括で用意しなくてはいけないのですか。

遠方の裁判所遠方の裁判所に事件が係属しているのですが、依頼可能でしょうか。
 


 
質問電話やメールのみでの法律相談は可能でしょうか。

質問申し訳ございませんが、原則として電話やメールのみでの法律相談は承っておりません。面談での法律相談をご予約下さい。

 
弁護士への見積り align=依頼する前に弁護士費用の見積もりを出して頂くことは可能でしょうか。

質問弁護士が相談者から事情を聞きとりさせて頂いた上で、事件の処理に必要な費用の見積もりをお出しすることは可能です。
 なお、事件処理にかかる費用につきましては、着手時に委任契約書を作成致しますので、委任契約書に記載されているもの以外の弁護士費用がかかることはありません。

質問平日遅い時間の法律相談に対応頂けますか。

質問初回の法律相談の場合は、平日午後8時までに事務所にご来所頂けるようであれば、対応可能です。当日すぐの対応は難しい場合がございますので、事前にご予約下さい。
 なお、事件に着手後はさらに柔軟に対応させて頂きます。

 
質問土日の法律相談は可能ですか。

質問土日は原則、休業日になっておりますが、事前に弁護士が電話で事情を聞き取りさせて頂いた上で対応可能であれば、ご予約をお取りさせて頂いております。

質問法律相談料は、毎回かかるものなのですか。

質問ご依頼を受けて事件に着手する場合は、最初に着手金を頂きます。ご依頼を受けた事件に関する打合せにつきましては、その費用は着手金の中に含まれていますので、別途法律相談料が発生することはありません。

質問法律相談のときに持って行くものはありますか。

質問不動産に関する相談であれば、売買契約書などの契約書関係、登記事項証明書や地積測量図など、相続に関することであれば、戸籍謄本、通帳、不動産の登記事項証明書や財産の種類・金額がわかる書類など、借金に関することであれば、債権者一覧表、契約書や請求書をご持参下さい。
少しでも相談内容に関係があると思われるものはすべてご持参頂ければ、弁護士が一通りチェック致します。
 なお、委任契約書や委任状を作成する場合などに印鑑が必要なこともありますので、認印で結構ですので、念のためご持参下さい。

質問弁護士費用は一括で用意しなくてはいけないのですか。

質問当事務所では、着手金につきましては、原則、一括でご用意頂いております。ただ、債務整理事件で生活費も不足しているような方などにつきましては、個別の事情を考慮させて頂いた上で、3、4回程度の分割払であれば応じております。

質問遠方の裁判所に事件が係属しているのですが、依頼可能でしょうか。

質問訴訟事件であれば、対応可能です。ただし、弁護士が裁判所に出頭する毎に出張費(事務所から裁判所まで片道で2時間以上かかる場合が目安になります。)及び交通費の実費が発生致します。ただ、事件の内容にもよりますが、裁判は、電話会議による弁論準備手続で進行することも多く、出張の回数はそれほど多くはありません。
 調停事件につきましても、裁判所によっては、電話会議で対応できる場合がありますので、個別にご相談下さい。

「よくあるご質問」 のページ

法律相談は大阪のクオレ法律事務所へ

法律相談メニュー

初回30分無料相談です。

通常の法律相談料は30分毎に5,400円(税込)