労働者の労働契約における秘密保持義務

 労働者は、在職中、労働契約に付随する信義則上の義務の一つとして、使用者の営業上の秘密について秘密保持義務を負っています(労働契約法3条4項)。  労働者が秘密保持義務違反をしたときは、就業規則の規定に従って、懲戒処分、 […]

労働者の会社退職後の競業避止義務について

■労働契約の存続中  まず、当然ながら、労働者は、労働契約の存続中は、一般的には、使用者の利益に著しく反する競業行為を差し控える義務があります。したがって、そのような行為がなされた場合は、就業規則の規定に従った懲戒処分や […]